ログイン

コモディティとは?取引の仕方は?

Adam Lienhard
Adam
Lienhard

コモディティとは、商業活動で使われる基礎的な商品のことで、同じ種類の他の商品と容易に交換できるもののことを指します。 コモディティは一般的に、最終製品やサービスの生産に利用する原料であることが多いです。 コモディティは製造工程で投入が不可欠なものであったり、主食であったりします。 コモディティ市場についてもっと詳しく学び、Headwayで取引してみましょう。

主な特徴

経済圏において、コモディティは経済的財であり、一般的な資源であり、換金ができるものだと考えられています。 換金性とは、生産地や生産者に関係なく、コモディティが市場において同じ価値、あるいはほぼ価値のものとして扱われることを指します。

例えば、例えば、1バレルの石油や1ブッシェルの小麦は、産地に関係なく本質的には同じです。 反対に、消費財は製造者によって品質や特徴が大きく異なります。 それでも、取引を行う際は、コモディティは最低限の基準を満たしていなければなりません。

コモディティは株式、債券、不動産、暗号通貨と並んで、価値のある資産クラスの中で重要な位置を占めています。 原料は日常生活の中で重要な役割を担っており、食品の値段に大きな影響を与えます。

さらに、コモディティはさまざまな市場で売買できるため、投資機会が豊富です。

コモディティの2つのタイプ

コモディティは一般的に、2つのタイプに分類されます。ソフトコモディティとハードコモディティです。 ソフトコモディティは一般的に農場で育てられるもので、綿や肉牛などがあります。 反対に、ハードコモディティは採掘などの資源採掘によって得られるもので、金や石油などの商品が含まれます。

伝統的なコモディティの例としては、穀物、家畜などの農産物、金、石油、天然ガスなどの天然資源が挙げられます。 衣料品製造(綿花)から航空会社(石油)、パッケージ商品(石炭、セルロース、塩、原油由来のプラスチック)に至るまで、さまざまな産業がコモディティに大きく依存しています。

しかし、近年、コモディティの定義が拡大し、外貨やインデックスなどの金融商品も含まれるようになりました。

コモディティの取引の仕方

コモディティへの投資は、予測不可能な要素によって価格変動が起きやすいため、平均的な投資商品に比べて高いリスクがあります。 パンデミック、伝染病、自然災害、戦争、異常気象など、自然的あるいは人為的な不安定さによって、需要と供給に影響が出る場合があります。 たとえば、2020年のコロナ感染拡大の際には、旅行の制限によって、原油の価格が暴落しました。

コモディティに投資する方法はいくつかあります。 最も一般的な方法は、先物契約の取引、上場投資信託(ETF)の利用、差金決済取引(CFD)の採用、直接購入などです。 穀物や原油などの商品が一般的に先物契約で取引されるのに対し、金や銀などの貴金属は直接購入することができます。

コモディティの先物取引は、二者間の法的な契約であり、契約の履行を義務付けるものです。 例えば、当事者の片方が、大麦のような特定の製品を将来あらかじめ決められた価格で販売することに合意することができます。 先物市場では、金属、穀物、綿花などの資産はもちろん、米国通貨、外国通貨の取引も可能です。

当社のSNSをフォローしてください。TelegramInstagramFacebook)Headwayの最新情報をすぐに確認できます。