ログイン

初心者が使うべきチャートパターンベスト12

Adam Lienhard
Adam
Lienhard

チャートパターンは、トレーダーが価格のトレンドを予想するのに使えるテクニカル分析の一種です。 チャートパターンは、過去の値動きに基づいて、将来起こり得る値動きを明らかにする、取引における識別可能なパターンのことです。 この記事では、12種類のチャートパターンをご紹介します。 あとからそれぞれのパターンについて詳しく勉強できるよう、ぜひこのページをブックマークしておいてください。

下降パターンと下降ウェッジパターン 下降パターンは弱気のパターンで、該当の資産が反転に近づいていることを示唆します。 これは強気の三角保ち合いパターンに似ていますが、抵抗線と支持線が傾斜しています。 上昇ウェッジパターンは強気のパターンで、資産が反転し、上昇に転じる可能性を示唆しています。 これは下降ウェッジパターンに似ていますが、トレンドは反対です。

強気のフラッグパターン このパターンは強気の継続チャートパターンで、市場が上昇するサインだと考えられます。 これは、最も人気があり、簡単に学ぶことができるパターンかもしれません。 このパターンは、高い相対ボリュームを伴う力強い上昇が起き、その後、ポールの頂上付近で「突破」と保ち合いがあり、フラッグを形成することによって完成します。 それから、高い相対ボリュームを伴う保ち合いの「突破」がおきると、上方向へのトレンドが継続します。

カップアンドハンドル. これは継続のチャートパターンで、資産が強気のトレンドを形成する可能性が高いことを示します。 これは鍋底パターンに似ていますが、コーヒーカップの取っ手のようなものが追加されています。

エンガルフィング・ローソク足パターン このパターンはふたつめのローソクの軸がひとつめのローソクの軸を完全に飲み込むかたちになった時に表れます。 強気のエンガルフィング・ローソク足は、最も市場の反転を識別しやすいローソク足パターンです。 このパターンが現れると、前日の極端な水準を超えるレベルまで価格が戻るのに十分なほど、積極的に動いたことを示します。

ヘッドアンドショルダーズ このパターンは最も収益チャンスが大きい取引チャートパターンであると考えられています。 これは3つのピークから成る強気な反転パターンで、真ん中のピークが最も高値になります。 このパターンの89%の成功率があり、信頼度が高いと考えられています。

フラッグパターン フラッグは2つの並行するトレンドラインから成る継続のチャートパターンで、長い時間枠の価格チャートで観測される支配的なトレンドとは反対の動きをします。 このフラッグの形成は出来高の減少とともに起きることが多く、価格がフラッグの形成を突破すると出来高が戻ります。

強気の三角保ち合い保ち合いパターン 強気の三角保ち合いは強気の継続チャートパターンで、スイングハイ(抵抗線)に沿って水平線を配置し、スイングロー(支持線)に沿って上昇トレンドラインを配置することによって作成されます。

弱気の三角保ち合いパターン 強気の三角持ち合いパターンと反対に、弱気の三角保ち合いは弱気の継続チャートパターンで、スイングローを結ぶ支持線が水平で、スイング高 ハイを結ぶ抵抗線は下降する形になります。

対称の三角保ち合いパターン 対象の三角保ち合いパターンは二つのトレンドラインが等しい傾斜に収束する継続チャートパターンです。 支持線が高値の下限を結び、抵抗線は安値の上限を結びます。 突破はいずれかの方向から起こります。

レクタングルパターン レクタングルは継続のチャートパターン、並行の支持線と抵抗線の間を価格が上下し、トレンドがないことを示しています。 レクタングルは値動きがレクタングルパターンを突き抜けたときに終了します。

ペナントパターン ペナントはフラッグやウェッジに似ているチャートパターンです。 これは反転パターンで、トレンドの方向の変化のサインです。 このパターンは、トレンドの反転の可能性を見極める際によく使われます。

ダブルトップとダブルボトム これらは2つの山と谷でできています。ダブルトップパターンは強気の反転パターンで、価格トレンドの下降可能性のサインです。ダブルボトムパターンは弱気の反転パターンで、価格トレンドの上昇可能性のサインです。

当社のSNSをフォローしてください。TelegramInstagramFacebook)Headwayの最新情報をすぐに確認できます。