ログイン

企業債券市場と株式市場の比較

Adam Lienhard
Adam
Lienhard

企業は債券と株式を発行します。 これらの商品は似ており、どちらも発行元企業の資産上昇を目指すという共通の目標を持っています。 それでも、ふたつの違いを理解することは重要です。 これらの金融商品について詳しく学び、市場で起こるイベントをスムーズに乗り越えましょう。

企業債券とは?

企業債券は企業が資本を調達するために使用する負債証券の一種です。 基本的に、企業が投資家からお金を借りる必要があるときに、債券を発行します。 企業は資金を借りる代わりに、債権者に定期的に利息を支払い、満期時には元本を返済することを約束するものです。

債券には一般的に固定の金利と定められた満期日があります。 企業債券に投資することで、投資する個人や機関は会社にお金を貸し、返済時の利息で利益を得ます。

企業債券のリスクのレベルは発行元企業の信頼度の高さによって異なります。 評価が高くリスクが低いと思われる企業は、金利も低くなります。 評価が低く、リスクが高い債券は潜在的なリターンも高くなります。

株式市場とは?

株式市場はエクイティ市場や株式取引市場とも呼ばれ、公開取引される企業の株式を売買できるプラットフォームです。 株式は企業の意思決定件を持つものです。 企業の株先を購入すると、株主となり、その企業の意思決定権の市場を保有することになります。

株式市場は、企業が投資家に株式を発行することで、資本を調達する仕組みを提供するものです。 投資家は株式取引取引市場において、需要と供給のダイナミクスによって決まった価格でこれらの株を売買することができます。

株式市場はの投資は、時間の経過で株価が上昇するのに伴い、資本を増やせる可能性があります。 株主は企業の利益の一部を分配した配当金を受けとることもできます。

しかし、株価は変動しやすいためリスクもあり、株価が下落すれば投資家は損失を被る可能性があります。

企業債券と株式:共通点は?

債券市場も株式市場も金融市場全体の重要な構成要素であり、企業が資本を調達し、投資家がリターンを求めて資金を投下する手段を提供しています。

🏦盛と株式はどちらも金融取引所で取引され、金融関連の法律や規制が定められています。

💱どちらも企業が資金調達のために使われます。 企業が債券を発行するとき、企業は投資家からお金を借りることになります。 企業が上場するとき、株式を市場で売って資産を増やすことになります。

🪙どちらの場合でも、投資家は金銭的なリターンを受けます。 債券市場では、債権者は定期的な利息の支払いを受け、満期になったときに元本が全て戻ってきます。 株式市場では、投資家は配当金(稼いだ収益)を受けるとともに、株価が上がれば株式を売ることで利益を得ることができます。

企業債券と株式:相違点は?

しかし、企業債券と株式は2つの異なる種類の金融商品です。 下記はそれぞれの比較です。

企業債券
法的な性質債券は負債商品で、発行会社は債権者に対して負債を負う。株式発行企業の意思決定権の一部を表すもので、投資家は株主となる。
リスクレベル債券は一般的に株式よりも安全である。 債券では、利息を払い、投資元本を払い戻すことにコミットすることになる。株価は株式市場の価格変動やリスクの影響を受ける。
金銭的リターン債券は固定かつ事前に決められたリターンを支払う。株式のリターンは企業の業績や市場の変動に基づいて変わる。
タイムフレーム債券の満期はあらかじめ決まっている。株式に満期はないが、いつでも売買することができる。

債券市場と株式市場にはいくつか大きな共通点と相違点があります。 議論すべきポイントは、国や金融システムによっても多少異なるかもしれません。

当社のSNSをフォローしてください。TelegramInstagramFacebook)Headwayの最新情報をすぐに確認できます。