ログイン

リスク許容度を測るためのヒント6選

Adam Lienhard
Adam
Lienhard

高いレベルのリスクも気にしないトレーダーもあれば、慎重なアプローチを好むトレーダーもいます。 自分のリスク許容度を理解することで、それぞれの取引で最大どのくらいの額の資産をリスクに晒しても良いのかを判断できます。 この記事を読んで、ご自身のリスク許容度を測ってみましょう。

1️⃣デモアカウントを開く

取引スキルを測るための戦略のひとつとして、実際にお持ちのアカウント、もしくはこれから実際に開設するアカウントと同じサイズのデモアカウントを開く方法があります。 こうすることで、異なったレベルのリスクで取引をお試しすることができます。

理想的なリスクレベルを判断するためには、でもアカウント上でそれぞれのリスクレベルで約25回ずつ取引を行い、どのように感じるかを試してみましょう。 必ずしも取引システムを決めておく必要はありませんが、このテストにおいては毎回の取引で利益を得るのではなく、得た利益よりも多く損失を出すことをおすすめします。 ランダムに取引を行い、実際にお金を失った気持ちを感じるよう意識してください。

2️⃣少額の資金で本当のアカウントを利用する

マイクロロットで取引可能なアカウントで、少額の資金を使って取引を行うことで、リスク許容度を測ってみましょう。 マイクロロットなら、最小$1の入金でありながらもリスクを体感できます。

取引システムを使って利益を獲得しても良いですが、それがメインの目標にはならないようにすることが大切です。 その代わり、自分にとって最適なリスクレベルを探すことに集中してください。

3️⃣ リスクリターン比率を計算する

取引におけるリスクを決めるとき、最終的な判断は完全にあなた次第です。 一回の取引で、資産の2%以上をリスクに晒すべきではないと言うトレーダーもいれば、10%までのリスクなら許容範囲だと言うトレーダーもいます。 しかし、10%以上はリスキーすぎると言う点については、ほとんどのトレーダーが合意します。

4️⃣投資先を多様化する

多様化は効果的なリスクマネジメントにおいて必要不可欠です。 ひとつのアクシデントによってポートフォリオ全体で大きな損失につながるリスクを減らすため、幅広い通貨ペアに投資を拡散させ、ほかの資産クラスへの投資も検討しましょう。

NOVAなら新しい多様化の可能性が広がります。 今すぐに不動産投資をはじめる→

5️⃣堅実なリスクマネジメント計画を確立する

この計画は資産を保護し、潜在的な損失のリスクを減らすために設計し、ご自身が自身と規律を持った取引が行えるようにするためのものです。 これには、リスクリターン比率を計算し、ストップロス注文を活用し、ポジションのサイズを実行し、取引を多様化し、感情のコントロールを続け、定期的に計画のチェックと変更を行うことが必要です。

6️⃣様々な取引戦略を使う

リスクの大きさの好みによって、適用すべき取引戦略は異なります。

リスク許容度が低い場合、長期間の投資に重きを置くべきです。 安定した通貨ペアを見極め、長期にわたってポジション維持することで、短期間の市場の変動の影響を受けません。

中程度のリスク許容度のトレーダーには、バランスの取れたアプローチがおすすめです。 低リスクと高リスクの投資を混ぜて行うことで、ポートフォリオを多様化しましょう。 ご自身がアグレッシブなトレーダーで、高いリスクも厭わないようであれば、デイトレードスキャルピングのような短期間の取引の可能性を探ってみても良いでしょう。

当社のSNSをフォローしてください。TelegramInstagramFacebook)Headwayの最新情報をすぐに確認できます。